A Story お話

マッサージベッドに横たわる愛らしい若い女性のOpu胃の位置を直し、子宮を正常な位置に戻しました。突然に私は6歳ぐらいの女の子の霊がマッサージベッドの脇に立っていること気がつきました。その子は金茶色の髪をして美しく輝く茶色の瞳を持っていました。『私のお母さんの面倒を見てくれてありがとう』と彼女は微笑みながら言いました。そこで私は、その若い女性に子どもはいるかと訊ねると、小さな男の子が一人いますと答えました。私がありがとうと言われた女の子の話をするとその女性の目から涙がこぼれました。彼女は、ご主人と共に何年もの間もう一人の子どもを切望していたのですが、子どもが出来ずに希望を失っていたというのです。彼等は、この子どもの霊の出現は良い知らせの兆候だと考えて彼らの住むヒロの家に戻りました。3ヵ月後にその若い女性から電話をもらいました。彼女は風邪を引いて医者に言った所、検査の結果、妊娠していることがわかったのです!次の年の初めに美しい女の子が生まれ、ご夫婦は私に子どもを見せるためにオアフ島にやってきました。私が赤ちゃんを腕に抱いたとき、驚くことに、その子の金茶色の髪と輝く茶色の目は、お母さんの世話をしてくれてありがとうといった女の子と同じでした。