cover of Aloha Ea MagazineAloha Ea Magazine

 

What is Lomilomi? ロミロミとは何か?

Kumu Karen with Lomilomi studentsロミロミとは、古代ハワイアンの健康法の一つです。ロミロミマッサージとラアウラパアウと呼ばれる薬草や植物を使う癒やしの方法でした。心は過去からの否定的な出来事を断ち切るホオポノポノと呼ばれる施術で人生を進んでゆけるように癒やしました。そして、ハワイアンバリューを通してストレスやつらい出来事を乗り越えるためのテクニックを学びました。スピリチュアルヒーリングは、Oli(オリ)唄、Chant(チャント)詠唱、そしてPule(プレ)、お祈りによって行われました。

Photo of Kumu teaching lomilomi massage古代において人々は、Kupuna(お年寄り)、祖父母からKeiki、子供まで健康維持のため毎日ロミロミを受けていました。一日が終わると皆が集まってお互いにマッサージをし合い、その日にあった事柄を話しました。小さな子どもは床のラウハラマットに横になっている祖父の背中を歩きました。誰もが彼らの身体をリラックスさせてくれる愛の触れ合いを楽しみました。ロミロミは肉体的に開放感を与えるために、また家族の絆を強めるために重要でした。

今日の世界では私たちは愛する人のために方をマッサージすることに時間を費やすこともなく、ほんの数分間その日の出来事を語るだけです。そういわれてみれば、昔の家族の絆が失われてきたと思いませんか?私の目標の一つに、ロミロミをもう一度家族の中に甦らせたいという思いがあります。お互いが愛情のこもった触れ合いをわかち合うことによって、より良いコミュニケーションができて家族のつながりが強くなります。

西洋文化が入って以来、古代からハワイアンが実践してきたHuna(フナ)、芸術、フラ、Lua(ルア)、格闘技、ロミロミ、La’aulapa’au(ラアウラパアウ)そしてハワイ語は禁じられました。これらの芸術を学んできた家族たちはそれを手放すことを拒否して家族の間だけで秘密に継承し続けたのでした。このようにロミロミはそれぞれの家族単位で隠されてきたために、ロミロミのスタイルは多様になってゆきました。それぞれの家族が、1番重要で妥当だと思う形が維持されました。ですから、ロミロミには一つの決まった流派がある訳でもありませんし、これだけが正しいというものでもありません。そこには沢山の施術法があるのです。私は他のロミロミの先生を批判するようなことがあってはならないといつも生徒たちに言い聞かせています。ロミロミを施術する人は、誰でもその知識を私たちに伝えてゆくことができるという点で私たちは一つなのです。私たちは光の中に立ち、この光を他の人にシェアーしてゆくのです。そこには分離はありません。ただ、愛があるだけなのです。

私が5歳の時に私の父は二つの仕事を抱えて働いていました。二つ目の仕事が真夜中に終わると、祖母の家にいる母と私を迎えに来てくれます。毎晩約30分程山道を登り、曲がりくねって危険なパリ旧道を下って家に帰るのです。ある夜、私たちはいつもの道を家路に向かって走っていましたが、私は車の後部席で眠っていて、母も運転する父の隣でうとうとしていました。私たちの車が1車線の曲がりくねった急勾配にさしかかった時、父も眠り込んでしまいました。その後、父と母が同時に目を覚ましたということ以外には父は何も覚えていないと言います。両親は、何の記憶もないまま知らないうちに危険な曲がりくねった道を運転していたのでした。そして、目覚めた時にはいったいどこにいるのか一瞬わからなかったそうです。周りの雰囲気は、カネオヘの小さな町の風景ではありません。良くあたりを見回すと、そこはカイルアの街でした。いったいどうやって曲がりくねった道を安全に降りてくることができたのでしょうか?両親の力だけでは眠りながら安全に運転し続けられるはずはありません。

その時、私たちの生命は運命の神のお導きによって助けられたということを知ったのです。天使が曲がりくねった道を運転し、危険を避けて無事にたどり着くように導いて生命を守ってくれたに違いないと確信しています。

私は不安な時や不確かな時にはいつも天使の存在を近くに感じます。私はいつも守られ、愛されていて、決して一人ぼっちではないことを知り、本当に恵まれていると感じます。私たちは誰もが、安全で幸福に生きてゆくためにガーディアンエンジェルに見守られ祝福されているのです。私が今日ここにいられるのもエンジェルのお陰です。私はお返しとして、他の方がより良い人生を送るためにお手伝いをし、そしてロミロミの光を輝かしたいと思っています。 これが私が今、こうしてここに居る理由です。

ロミロミは私にとってテクニックだけではありません。それはスピリットです。一つには、アロハのスピリットで触れることによって癒やされることです。自然科学においては、ロミロミはスピリチュアルアートと言われています。生徒にとって、肉体的なマッサージの方法を習うことは重要なことですが、まず何が原因でバランスを崩しているのかを見極める洞察力を持つことが必要です。感情的または精神的なアンバランスによって肉体に病気や痛みなどの症状が現れるのです。まず、問題の根本的な原因を探らなければなりません。Puleといわれる祈りは、いつでも、私たちがヒーラーではないことを思い出す上で大切です。神またはこの宇宙の創造主がヒーラーなのです。私たちはただ単にヒーリングの道具として存在しています。私たちが認識できるように願えば、洞察力によって相手の身体のバランスを取り戻し、どうすれば良いか答えが見つかるのです。私たちは答えを受け取るためには心が開かれていなければなりません。スピリチュアルなヒーリングマッサージを行うための1番適切な心構えは、Pono(ポノ)の状態であることです。Ponoであるということは、私たちが高潔な精神を持つことです。私たちは正直に生き、それが私たちの自然の姿となるように常に正しい行いをすることを心がけなければいけません。Ponoの状態であることによって、私たちにヒーリングを助けるスピリチュアルなパワーであるManaが与えられます。すると、ヒーリングのエネルギーは私たちを通して必要なところへ自然に流れてゆきます。ロミロミの光の中にいることで同時に私たちも癒やされます。ロミロミを行うことによって疲れることはありません。なぜなら、エネルギーはあなたが自分で出すのではなく、あなたを通してやってくるだけだからです。

ロミロミと他のマッサージとの違いのひとつは、神聖なる呼吸法、Ha(ハ)にあります。Ha はエネルギーを強くし、たとえ、私たちが意識的にどうしたら良いかわからなくても、必要な箇所に直接働きかけます。必要な場所に直接エネルギーを送るには、自分の意思を使い、どのようにしたいかを心に描くことが必要です。Haにはエネルギーを動かすパワーがあり、正確にコリを取り除き痛みを和らげてくれます。

私が教えているロミロミの流派は、スピリチュアリティとハワイアンヴァリューを強調しています。これらは、私たちが子供の頃、ご両親や祖父母から教え込まれてきた価値観と同じものです。これらの価値観や信念によって私たちの精神は強くなり、人生の変化に対応できるのです。私たちはハワイアンヴァリューを通して人生に本当に意味のある事柄が何かを感じる洞察力を養います。そして、自分の望みを叶えるためには何をしたら良いかを見極めることが容易になります。私たちの合宿セミナーでは、毎日いくつかのハワイアンヴァリューを学ぶクラスがあります。 ハワイアンヴァリューの一つにAloha(アロハ)があります。

ある日、小さな女の子が近所を歩いてくるみ知らぬ人に目を留めました。その子はTutuと呼んでいるお祖母さんの所に走っていってそれを伝えました。お祖母さんは、その子にその男性を呼んで一緒にお昼を食べるよう誘うように言いました。昼食が終わると、その人は御礼を言って去って行きました。小さな女の子は、お祖母さんに訊ねました。『おばあちゃん、あの男の人のこと知っていたの?』お祖母さんは『いいえ、知りませんよ』と答えました。『それなら、なんで知らない人にご飯を食べさせたりなんかしたの?』と女の子は言いました。

お祖母さんは大変に怒り、孫娘に向かって、とても大切なことを話したいから傍に来て座るように言いました。『私はただ、見知らぬ人に食べ物を与えた訳ではありませんよ』『私はご縁のあったあの方の内にある聖なる神の心をおもてなししたのです』 これがAlohaです。外側に見えていることだけで判断せずに、大切なことは何か心の声を聞くことです。誰もが心の底から輝く光を持っています。時々その光を見つけるために一生懸命に探さなければならないこともあるでしょうが、いつでもそこにあるのです。Alohaの意味は、私は創造主の面前に立ち、私の内にある神聖なる才気を認め、それを他人にも認めます。彼等は私のオハナ、家族となります。私が見るもすべては愛です。

私は古代の芸術である、Opu Huli(オプフリ)という施術を教えています。これは、腰痛、消化不良、呼吸困難の原因となっている、胃の位置を調整するために役立ちます。また、生徒達は子宮の位置を正す方法を学ぶことで生理痛を和らげ、不妊症を治します。

身体のマッサージはその卓越したヒーリング能力によって世界的に知られたマウイの偉大なヒーラー、パパカルア・カイアフアから教えられました。 私は彼の生徒の一人であることを心から光栄に思っています。
v その他の知識は、私の家族のスピリチュアルヒーラーに代々伝えられてきたものです。Ho’oponopono(ホオポノポノ)と呼ばれる家の祝福や否定的なエネルギーのお清めは、私の父、John Kaanehe(ジョン カアネヘ)と父にそれを教えた祖父であるDavid Kaanehe(デイヴィッド カアネヘ)から教えられました。彼等から洞察力、豊富なマナ、そしてPonoの状態で正しく生きるというギフトを与えられました。彼等は私に信念、祈りのパワーと、邪悪なものや暗闇に直面した時の勇気を教えてくれました。彼等を通して、私は神のご加護の光の中にしっかりと立つことができます。私の父は現在82歳ですが、今でも沢山のインスピレーションでわたしを導いてくれています。

私が教えていることの多くは、私がWaimanalo(ワイマナロ)のHeiau(ヘイアウ)に住んでいたときに精霊からやってきたもので、教科書の中には見つけることができません。貝殻によるヒーリングもこの時期に私に与えられた驚くべきギフトのひとつです。ロミロミと一緒に使うと、貝殻は身体のコリに働きかけて痛みを取り除いてくれます。結果は目を見張るものがあります! 私は、ニュージーランドからいらした男性の肩を緩くするために貝を使いました。私は何故彼が大喜びで跳ね回り、腕を振り回して頭の上に持っていくのか理解できませんでした。その後、彼が5年前にトラックから落ちてそれ以来腕を上げることが出来なくなっていたことを知りました。彼は有頂天になっていました! 貝殻ヒーリングは確実な道具として貝を使ったエネルギーヒーリングです。きつく、硬くなった関節を緩め、毒素を腎臓から取り除き、痛みや不快感を減らします。

生徒達はまた、感情的な身体に対するHo’oponopono(ホオポノポノ)も習います。これは、身体の中に残っている否定的な記憶を消してバランスを取り、スピリチュアルなつながりを開き、チャントや祈りを捧げ、精霊たちからのメッセージを聴きます。

教育の上で重要なことは、彼らの直感を信じ、受け取ったメッセージがどんなものであっても患者にとって価値のあるものだということを知ることです。

私たちは聖地を訪ね、その場所に無礼なく立ち入るための儀礼を習います。そこに居る先祖の霊達を讃えてチャントを唱えると、彼らはヤシの葉が揺れたり私たちの周りの風が渦巻いたりして答えてくれます。日の出を見るために、海辺にたたずんで先祖の霊を讃え、昇る太陽を歓迎します。それは新しい一日の始まりであり、私たちにとっての始まりでもあります。

生徒達は、スピリチュアルクレンジングと許しのパワーを学びます。ヒーリングプールと呼ばれる場所を訪れて過去の悲しみを解き放つとき、涙が頬を伝いますが、これはお清めの喜びの涙です。これで私たちは空を飛ぶ聖なるIwa Bird軍艦鳥のように自由になります。

私たちのクラスはよく自然の中に出掛けます。椅子に座ってのマッサージを美しいトルコブルーの海がすぐそこにある白浜の海岸で行います。そして、それ以外の時間にも沢山の事を学びます。ハイキングやハワイアンソング、瞑想やハワイ語の授業もあります。

生徒達が成長し開発されてゆくにつれて、彼らの変化を見ることが出来ます。私は本当に彼らの講師であることに誇りをもっています。人生の池にたったばかりのさざ波は、旅を続け、これから世界を越えて大勢の人の人生を変えてゆくことでしょう。

生徒達は私のオハナ、私の家族となります。彼等は、Kapuaokalani Halau Lomilomi(カプアオカラニ ハラウ ロミロミ)の一員となるのです。ロミロミのスクールの名前は天国の花、赤いハイビスカスにちなんで付けられました。生徒達は世界中からやってきます。日本、ハワイ、アメリカ本土、ヨーロッパ、ニュージーランド・・・・。

彼等がハワイに来る時には大切な虹の子ども達の一人として心からの愛と尊敬をもって扱われます。彼等は私たちのロミロミの家族として承認されるのです。私たちは同じハラウの虹の子どもたちを訪ねて旅をします。私たちは同じ言語を話さないかも知れませんが、ロミロミとアロハという共通の言葉を話すのです。