Kumu Karen Leialoha Carroll 紹介


キャレン レイアロハ キャロルは、ご主人のRCとハワイカイに住んでいます。
6人の子を持ち、すてに16人の孫に恵まれている彼女は『孫に関して、とってもリッチなの!!』と笑います。

photo of Kumu Karen on the beach

















クムはオアフ島に生まれ育ち、ハワイアンの血を引き継いだ者だけが入学出来るカメハメハスクールを卒業しました。
彼女はハワイ島とオアフ島のスピリチュアルヒーラーの子孫でもあります。
また、看護士の資格を持ち、マウイ島の偉大なヒーラーであるパパ・カルア・カイアフアに従事しました。
 

これまでに多くの仕事に携わってきました。ローン貸付係り、臨床看護士、外科看護士、精神看護士、在宅型老人ケアホーム2軒の管理者などです。
4エーカーにわたるホワイトジンジャーの農園を管理し、 ホワイトミクロネシアジンジャーのレイを島中の花屋に卸していた事もあります。彼女は非営利団体の創設者で、不便な子供たちのためにウクレレのウクレレクラスのように、介護の方法をトレーニングするクラスを家族のために教えていました。ハワイの王であったウィリアム チャールズ ルナリロによって創立されたハワイアンのための老人ホームのアクティビティーデレクターでもありました。
カフとして、お清め、祝福、礼拝を行い、現在も引き続き、ハワイ、日本やアメリカ本土でカフとして活動しています。

現在クムは世界各地でセミナーを開催し、ロミロミを教えています。
日本人の生徒を対象としたセミナーも開催しています。
 

『私の人生はとても満たされているの』彼女は言います。『心から、自分が祝福され、守られていると感じます』

Kumu and her dad Kumu at age 5